【HERMES】深みにハマると、まあ高価!!鞍、手綱、鐙など乗馬用品も買取中【ブランドなら高値も期待!!】

こんにちみっけ初山です!

ふっふっふ。この格好

なんのスポーツかわかりますか?

 

そう、乗馬

 

なにを隠そう、私5年前乗馬を少々たしなんでおりまして。

 

ザ★ドへたくそでしたが

就職活動を機にやめてしまったのですが・・・

楽しいですよ乗馬!

 

 

手袋やヘルメット、手袋、ブーツ、後は鞭。

 

「貴族のスポーツ」といわれ非常にハードルが高いと思われがちな、乗馬ですが初心者がそろえるべき馬具といったら、上に挙げたアイテムだけで充分なもの。

 

合計でも数万円程度、意外とカンタンに始められるものなのです。

 

しかし、鞍の上からの眺めや、スピード感、そして馬との一体感……これら乗馬の魅力にハマってしまうと、もうたまらない。

 

鞍や手綱、鐙など次から次へと自分だけのものをそろえたくなってしまうのです。

 

中でも鞍は特に高価。

 

ライダーの体格に合わせたセミオーダーで造られますし、「スチューベン(STUBBEN)」や「パッシェ(G.PASSIER SOHN HANNOVER)」など、一流ブランドのものならほぼ、ハンドメイド。数10万円はしてしまいます。

 

 

 

中でも高級な鞍といえば、あの「エルメス(HERMES)」。

 

 

こんな話をすると「えっ!! あの高級ブランドが?!」と、驚く人も多いのですが、エルメスの創業は乗馬用品のショップとして

今でも、ウェアやブーツなど乗馬用の衣料は新しいスタイルが毎年発表されていますし、もちろん鞍や手綱、鐙も手がけているのです。

 

そんなエルメスの鞍は安いものですら70万円超!! スチューベンやパッシェなどのブランド品と比較しても倍以上の価格差があるのです。

 

 

ですが、鞍とは、馬に乗らない人にとっては、

ジャマでしかないもの

「奮発してエルメスの鞍をオーダーしたけれど乗馬をやめてしまって、今では全く使っていない」。

乗馬を楽しむ人ならば愛着もひとしお、必要不可欠な鞍などの乗馬用品なのです。

 

が、乗馬をしない人にとっては全く無用の長物。家に大切に保管してあっても、残念ながらジャマなものでしかありません。

しかし、そんな鞍、捨ててしまうのにはもちろん忍びないもの。

特に日本で用いられている乗馬用品はスチューベンやパッシェ、そしてエルメスなど一流メーカーのものも多いのです。

そんな場合は……買取ってもらうのが一番です!!

 

ここで注意!買取前には、ぜひレザーケアを!

 

先日久しぶりに、しまってあった乗馬グッズを出したら、

めっちゃ劣化してましたよ…。

あ~もったいない。

 

例えば乗馬が趣味だった、故人の遺産の乗馬用品。

 

 鞍、手綱、鐙といったものは、意外と高く売れるのです。

少々古いものでも大丈夫、そもそも乗馬用品はウェアでもない限り、頻繁にモデルチェンジするものではないのです。

 

加えて、上質な革でタフに造られているのが乗馬用品、手入れ次第ではいつまでも使うことができるのです。

ですから、もしも不要な乗馬用品が手元にあるならば、一度買取を検討・査定を依頼してみてください。

注意点は素材の革の手入れだけ。

 

査定の前に市販のレザーケアクリームなどでツヤ出しをしてやるだけで、買取価格のアップも見込めます!!

 

 

もう、乗らなくなってしまった方!ぜひ一度ご相談ください!

では、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

あ”ぁ”-------!!!