[トールボーイ]パイオニア S-A7-2で土曜日の恋人を聞くひょうきん族世代

こんにちは。リユースカルチャーの専門家つじむらです。

今日こそ、仕事をします。今週も終わりだというのになWWW

 

 

 

おととい入荷したパイオニアのトールボーイ君の音出しをしなければと思っていたのです。

 

 

これです。重かったー、これを2階に上げるのまじ、きついっす。エレベーターかスモールライトが欲しいです。1本30キロの大物です。

 

 

 

 

S-A7-2です。これ、シアターシステム用に開発されたトールボーイで、いまだに人気のあるプラズマテレビのKUROなんかと合わせてね、売ってたですよ。

 

 

それでこの

VSA-AX10とかと合わせて7.1チャンネルで楽しむという。当時まるっとセットで数百万で売ってたんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

繊細な高音を楽しみたい方に人気のリボンツイーター

 

 

 

 

低音重視の方にはおすすめできないですが、このダブルウーファーは、きれい目な音好きの方にオススメのケプラーコーン。

現代音楽とか、クラシックとかを美しく聴きたい方には良いスピーカーだと思うのでピュアオーディオの方にもオススメできます。

 

 

 

そんな土曜日の午後のBGMは、達郎さんの15枚目のシングル

 

土曜日の恋人 (3:11)

作詞 • 作曲 • 編曲 : 山下達郎
©1985 FUJIPACIFIC MUSIC INC. & SMILE PUBLISHERS INC.
フジテレビ系『オレたちひょうきん族』エンエィング・テーマ曲 ”
ウィキペディア

 

 

 

 

トールボーイはあんまり好きじゃないんですけど、これはいいですね!高音の繊細な響き重視の方はおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

目黒のJBL