【液晶テレビ 買取ならみっけ】液晶テレビの国内メーカーについて

IMG_2064

プラズマテレビからのメーカーの生産撤退で、今やすべての家電メーカーが液晶テレビを製造しています。

それぞれに特色を持っていますので、視聴する用途によって選択される機種も変わり

ますね。

下記に液晶テレビを生産しているそれぞれの家電会社と機種、特徴を記載しました。

 

IMG_2070

 

sharp-aquos-logo

シャープ AQUOS
国内シェアナンバーワン。独自の液晶パネルを開発しており、再現が難 しかった黄色系統の色を鮮明にする「クアトロ」という付加価値の高いパネルが特徴です。鮮明な色にこだわりたい方におススメです。

 

 

IMG_2066

BRAVIA

ソニー  BRAVIA
超解像エンジン「X-Reality」を搭載しており、鮮明な画像です。サイズが他社より小さめも特徴です。又動きを滑らかに見せる倍速駆動を4倍・8倍にしているのでスポーツ観戦に強いです。

 

 

 

IMG_2067

REGZA

東芝  REGZA 
レグザエンジンという、低画質の画像を高画質に補正する機能が優れて います。又録画機能も充実しておりタイムシフトマシンという機能で、録画予約なしでデジタル放送の番組を予約できます。(別途USBが必要)

 

 

IMG_2069

Viera_logo

パナソニック VIERA
リモコンに話しかけて操作する音声操作機能が備わっています。複雑になったリモコン操作を話しかけるだけで検索できるのは便利ですね。電気代が安いのも特徴です。

 

 

 

IMG_2068

日立   Wooo

 

日立   Wooo
本体HDD内蔵機種を一番に販売しました。又着脱可能なカセットHDDを搭載している機種もあります。比較的価格が安めです。

 

 

 

 

REAL ロゴ

三菱電機  REAL
リモコンでテレビ画面を左右に振る「オートターン」が特徴です。3D視聴時に正面から見ることができるので便利ですね。又HDDだけでなくブルーレイレコーダ内蔵型もあります。

 

 

 

 

 

以上、国内の主だった家電メーカー各社の、液晶テレビのブランドとその特徴を記しました。上から順に売上シェアの多い順です。

家電各社も、韓国・中国のメーカー各社との競争もあり、いろいろな意味で大変な時代に突入しているようです。

 

 

東芝は不正会計以来、液晶テレビ等の事業から撤退するかと心配されましたが、REGZAについては今後も開発・販売を続けると2016年度の事業計画で発表しましたので、無くなることはないようです。(生産は別)

 

 

シャープは台湾のホンファイが既に主導権を握っているようですし、日立・パナソニック・パイオニアはプラズマテレビからの撤退でかなり打撃を被りました。

 

液晶テレビの歴史といいますか、家電としてのテレビ受像機の歴史を見てくると、実に浮き沈みの激しい歴史だと感じ入りますね。

 

 

国内で最初に1953年シャープが国産テレビを販売し、その後1995年に国内初の液晶テレビをシャープが販売して以来21年。

 

 

 

今後もずっと生産を続けていけるのはどの会社なのか?

何とか国産メーカーとして優秀な技術を残して、勝ち残ってほしいところです。

 

 

 

みっけでは、製造より5年以内の液晶テレビを対象にお買取させていただいております。オリンピックイヤーです。買換えは是非当店にご相談ください!

製造から5年以内の家電製品をお買取させていただきます!
大型家電は出張買取いたします。ご相談ください。
rakurakuomitsumori

日本全国買取ドットコムみっけ
〒277-0837 千葉県柏市大山台1-17
0120-06-4147
info@kashiwa-kaitori.com