【オーディオ 買取】アキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vの特徴

 

Accuphase C-290V

アキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vは、1998年12月に定価98万円で販売されました。1993年11月に88万円で発売されたC-290の後継にして至高であるアナログ・プリアンプです。

至高であるアキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vは、「カレント・フィードバック増幅回路」を搭載、アナログ・プリアンプの集大成的モデルとして発表されました。
アキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vの特徴である「カレント・フィードバック増幅回路」では、インピーダンスを下げた電流をトランス・インピーダンス増幅器で変換し、インピーダンスが非常に低い出力信号を作り出します。この出力信号は位相回転がほとんど発生せず、自然なエネルギー応答を得ることが可能になりました。さらに、バランス伝送は「ブリッジ・フィードバック方式」を採用、どこまでも高音質を追求しました。「ブリッジ・フィードバック方式」は、位相が反転した正負対称信号を相互に送るため、雑音成分を取り除く能力が高いとされています。「カレント・フィードバック増幅回路」と「ブリッジ・フィードバック方式」を取り入れたことにより雑音が限りなくゼロまで取り除かれ、高音質での再生を実現しています。

 
一般的に、プリント基板は誘電率が低く、誘電正接が小さいほど性能がよいとされています。そのため、アキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vは、基盤にテフロン基材を採用しています。テフロン基材の銅箔面に金プレートを施すことで、もともとの性能に加えてさらに伝送損失を少なくし、伝播速度を速めることに成功しました。クリアな音にどこまでもこだわりぬいた逸品です。

 
また、アキュフェーズ コントロールアンプ C-290Vは、電源トランスとフィルター・コンデンサーの左右独立を実現、モノフォニック構造にも徹底的にこだわっています。電源トランスは、溶解金属を超急冷することで生み出される合金薄帯であるアモルファス・コアを採用しています。アモルファス・コアは結晶構造をもたない非結晶金属であり、他の結晶金属と比較すると優れていることが証明されています。

 
リアパネル側には、別売りの専用フォノイコライザー・ユニットAD-290Vを取りつけることも可能、これにより、アナログ・レコードも高音質再生で楽しむことができます。
再生されるどこまでもクリアな音質は、自室で音楽を楽しむ喜びを一層高めてくれます。

【オーディオ 買取】アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000の特徴

Accuphase C-2000買

 

アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、2004年7月に39万円という価格で発売されたコントロールアンプです。C-2000とC-2800、C-2400の設計と技術を受け継いだアキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、さまざまなテクノロジーを搭載することによって、完全なモノ・コンストラクション構成を実現しました。

 

アキュフェーズの独自開発技術である「AAVA方式ボリューム・コントロール」により、高音質を保ったままでの音量コントロールを可能にしています。ボリューム調整で音質が変化することはありません。「AAVA方式ボリューム・コントロール」は可変抵抗体を使用しないので、音のひずみが非常に少なく、さらに高SN比で周波数特性が変化しないため、ノイズがほとんど発生しません。コンペンセーターが搭載されているので、低音の量感も豊かに広がります。

 
回路はシンプルな構造を徹底しています。アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000は、たくさんの入力端子、出力端子、ファンクションを切り替えて使用します。複雑な回路では信号があちこちに引き回されて無駄がでますが、安定性に優れた「ロジック・リレーコントロール信号切替回路」を採用することによって、信号経路を最短に縮小することに成功しています。

 
アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000のアンプ回路は、5つのユニット・アンプから構成されています。入力バッファー、AAVA、バランス出力といったアンプ回路は、すべてマザーボードの上で左右に分離され、配置されています。平滑回路と電源トランスも左右独立の構成で、アンプ間での相互干渉を取り除くことに徹底的にこだわったモデルです。リモコンが付属しており、音量調整と入力セレクターの切替が遠隔操作できるのも嬉しいポイントです。

 
アキュフェーズ コントロールアンプ C-2000には、オプション・ボードをつけることもできます。オプション・ボードは、デジタル入力ボードDAC-10、アナログ入力ボードAD-10、ライン入力ボードLINE-10の3種類が発売されており、複数の同一ボードを増設することも可能になっています。

 
デジタル入力ボードを増設すると、CDプレイヤー、DAT音源などのサンプリング周波数32kHzから96kHz、24bitのデジタル出力を接続して、ワンランク上の本格的な演奏をすることができます。

【オーディオ 買取】アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420の特徴

 

Accuphase C-2420

アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420は、2012年11月に発売されたコントロールアンプです。同社の独自技術である「AVVA方式ボリューム・コントロール」を搭載したモデルで、当時の価格は71万4千円でした。自然木のサイドパネルがワンランク上の雰囲気を演出しています。

 

同社で「AVVA方式ボリューム・コントロール」が初めて搭載されたのは、2002年に発売されたプリアンプC-280でしたが、アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420に搭載された「AVVA方式ボリューム・コントロール」は、そこからさらに進化を遂げています。アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420では、ボリューム・ノブにつながる音量検出機構に、C-2420と同一のアルミブロックから削り出したボリュームセンサーを使用しています。実際に操作するパネル面のノブと、音量を変更する内部のCPUをつなぐこの機構に、C-2420と同じブロックから切り出して加工したセンサーを搭載することによって、操作の感触をよりなめらかにさせ、ボリューム・コントロールの精度向上を図りました。

 
先代モデルと同じく、トランスやフィルター・コンデンサーといった電源部も、ユニットアンプ群も、徹底した左右独立の構成です。このこだわりのモノ・コンストラクション構成により、ノイズの徹底排除を実現しました。

 
アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420は、高音質を約束する専用のヘッドフォーン・アンプ回路を内蔵しています。使用するヘッドフォーンの感度に合わせた標準、+10dbの2段階が選択可能になっています。

 
アキュフェーズ コントロールアンプ C-2420には、低音域を豊かにするコンペンセーターに加え、超低域のノイズをカットするサブソニック・フィルターが搭載されています。また、全体の音量レベルやゲインが数値で表示されるため、視覚的にも使いやすさが向上しています。
専用のフォノイコライザー・ユニットであるAD-2820を増設すれば、アナログ・レコードの再生が可能になります。AD-2820の基板には「ガラス布フッ素樹脂基材」を採用、さらに基板をアルミケースに収納することで、外部からの影響を限りなくゼロに近づけました。もちろん、回路の接続にもこだわっています。入力端子と増幅回路は最短距離で接続され、SN比は究極のレベルにまで高められています。

 

 

【オーディオ 買取】アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアの特徴

 

Accuphase M-100

アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアは、1981年7月に50万円で販売されました。当時、別に販売されていたパーシモン・ウッド・パネルA-14を取りつけることも可能なモデルです。アンプ横のパネルエンドを取り外してウッド・パネルへつけ変えることで、よりシックな佇まいへと変更することができます。

 

 

このアンプの何よりの特徴は、「デジタル・ディスプレイによるピーク・パワー直読装置」を搭載していることです。このようなLEDディスプレイがパワー・アンプに装備されたのは当時世界初のことで、非常に画期的でした。アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアのために試行錯誤を重ねて開発されたデジタル・ディスプレイは、信号のピーク値を読みやすい倍率に変換して表示します。そして、表示範囲がオーバーすると、それを知らせる信号があらわれます。この装置により、音楽の最大カッティングレベルを知ることが可能になりました。電圧を電力に換算することで、0.5秒、3秒、30分ごとのピーク値を読むことができます。30分のピーク値を読むことで、レコード片面のピーク値を知ることができるので、より適切な音での鑑賞が実現します。
一方、アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアの回路は、アキュフェーズのトラディショナルともいえる「全増幅段プッシュプル」が採用されています。これにより、ひずみの少ない音を楽しむことが可能になっています。このように、革新と伝統が最適なかたちで組み合わされているのが大きな特徴です。

 
アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアは、馬力のあるモデルとしても名を馳せています。広帯域バイポーラ・トランジスターを計24個もの出力トランジスターで構成し、グレードの高い音質を再現することに成功しました。アキュフェーズ モノラルパワーアンプ M-100ペアは、家庭用でありながら大きな負荷をものともしません。入力信号に対しての出力信号の位相を反転させる位相切り替えスイッチ「フェーズ・スイッチ」が備えられているので、2台のM-100を使用してパワーアップさせることもできます。

 

 

また、通常のフォノ・ジャック入力端子の他に、業務用のキャノン・タイプ・コレクター端子も備えています。こうした馬力や革新的な技術は爆発するような大音量のためではありません。すべては上質な音のために追求された技術です。レコードに凝縮されている音が、広く深い上質な音へとほどけていきます。

【オーディオ 買取】アキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xの特徴

Accuphase E-303X

アキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xは次世代のデジタル・レコーディングやCD再生へ向けた配慮がなされた、新時代のインテグレーテッド・ステレオ・アンプとして、1983年12月に発売されました。発売当時の価格は29万8千円でした。インテグレーテッド・アンプの中では当時として最大レベルである150W/chの出力を実現しています。それを可能にしているのは、高速MOS FETのトリプル・プッッシュプル構成です。

 
アキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xに搭載されているMOS FETは、正式名称を「Metal-Oxide Semiconductor Field Effect Transistor」といいます。優れた高域特性をもっており、また、多数キャリア・デバイスであることから電化蓄積が発生せず、そのため高速スイッチング特性にも優れています。入力インピーダンスが高いので、小さな電力素子で十分に稼働が可能です。これは、大きな信号電力を必要とするバイポーラ・トランジスタよりも秀でている点です。アキュフェーズ プリメインアンプ E-303X以前のモデルにも、MOS FETは採用されており、そのクリアな音質はもはやアキュフェーズの「顔」ともいえるでしょう。

 
アキュフェーズ プリメインアンプ E-303XのMOS FETの駆動性をさらに高めているのがカスコード・プッシュプル方式と呼ばれる構成です。カスコードとは、チューナーにおける高周波増幅回路の一つの方式で、高周波においてもミラー効果が発生しないことが知られています。ハイゲインであることと、高域特性が非常に優れていること、その二つの利点がアンプの性能を格段に飛躍させ、ひずみのほとんどないクリアな音質を提供します。

 
さらに、このアキュフェーズ プリメインアンプ E-303Xは、テープモニター・スイッチと、ダビングスイッチが備えられています。これらのスイッチにより、2台のテープレコーダー間でのダビングが可能になっています。こうしたテープ機能は、CDの台頭や録音機器の変遷に合わせて進化したものです。アナログ・レコードの世界だけに終始せず、時代の進化に合わせてオーディオ・ライフを牽引するアキュフェーズの姿勢を、この一台に見ることができます。このアンプで再生される余計な色づけの一切ない音は、耳の豊かなオーディオ・ファンを惹きつけてやみません。